天気予報するインテリアTempo Drop

天候予測器として使われていた「ストームグラス」

19世紀、ヨーロッパでは航海士が天候予測をするためにストームグラスを使っていました。
ストームグラスとは複数の化学薬品をアルコールに溶かし、ガラスに入れたものです。
内容物の変化により天候を予測することができるとされています。

Perrocaliente【Tempo Drop /テンポ ドロップ】

そんなストームグラスをインテリアとして楽しめるのがこの「テンポドロップ」
どんなふうに変化するのかご覧ください。

おしゃれなインテリアとして大人気のテンポドロップ。
1家に1つ、いかがでしょうか。

天候予測の仕方(見かた)

  • 天気が晴れるなら、ガラス管内の固形分は完全に底に沈み、液体は澄みきる。
  • 雨に変わる前は、沈殿物の量が徐々に増え、星のような形のものが透明の溶液中を浮遊する。
  • 嵐やひどい風の前には、固形分の一部が溶液の表面まで達し、大きな葉のような形になる。溶液は濁り、発酵しているように見える。この現象は天気の変わる24時間前に見られる。
  • 冬、特に雪や霜のときには、管の高い位置まで沈殿物が積もる。内容物はとても白く、浮遊する点状のものが見られる。
  • 夏、とても天気がよく暑くなるときは、沈殿物は管の非常に低い位置までしか積もらない。
  • 風や嵐が接近してくるときは、接近してくる方向の反対側のガラス管の壁に沈殿ができる。

ストームグラスの内容が変化する原因ははっきりとしないが、大気の温度や湿度、気圧、大気電気学的な影響等によって、溶解度や結晶形状が変化するためと考えられている。
-Wikipedia

サイズ:115mm×H205mm(木座込)
一回り小さいミニも
サイズ:約80mm×110mm

You may also like...